■サイトマップ Search help

  【重要】Microsoft Edge Internet ExplorerモードでのBiz/Browser V 動作検証結果 2021/10/27 更新

お知らせ一覧へ

※ 赤字の箇所を更新しました。また、新規の不具合(3)を追加しました。(2021/10/27)


Microsoft Edge Internet ExplorerモードでのBiz/Browser V 動作検証が終了いたしました。

検証の結果、以下3点の不具合が発見されました。そのため、発見された不具合への対処を実施予定です。
対処バージョンのリリース予定時期はこちらをご覧ください。

[ 検証バージョン ]
・  Biz/Browser V ・・・ Ver5.1.2.1


[ Microsoft Edge Internet Explorerモード利用時の不具合 ]

前提: Biz/Browserの画面をMicrosoft Edge Internet Explorerモード上で表示している場合
    ※Biz/Browser単体で起動している場合は発生しません。

1) ダイアログやプログレスバー等のサブウィンドウを表示し閉じた際、CRSスクリプトでのフォーカス制御が無効になる
【対象】Dialogクラス、ProgressBarクラス、Docクラス
以下は、ダイアログ(Dialogオブジェクト)を表示した際の例です。

< サンプル >
Form Form1 {
  Width = 323;
  Height = 281;
  TextBox TextBox1 {
    X = 116;
    Y = 81;
    Width = 172;
    Height = 32;
    FontSize = 14;
    Value = "LoginID";
    FontFace = $BOLD;
    
    Function OnGetFocus( e ) {
      BgColor = $FFCCCC;
    }
    Function OnLostFocus( e ) {
      BgColor = $STD;
    }
  }
  Label Label1 {
    X = 14;
    Y = 85;
    Width = 94;
    Height = 27;
    Value = "ログインID";
    FontFace = $BOLD;
    VerticalAlign = $CENTER;
    HorizontalAlign = $CENTER;
  }
  TextBox TextBox2 {
    X = 117;
    Y = 128;
    Width = 172;
    Height = 32;
    FontSize = 14;
    Value = "PassWord";
    FontFace = $BOLD;
    Function OnGetFocus( e ) {
      BgColor = $FFCCCC;
    }
    Function OnLostFocus( e ) {
      BgColor = $STD;
    }
  }
  Label Label2 {
    X = 14;
    Y = 131;
    Width = 94;
    Height = 27;
    Value = "パスワード";
    FontFace = $BOLD;
    HorizontalAlign = $CENTER;
    VerticalAlign = $CENTER;
  }
  Button Button1 {
    X = 185;
    Y = 185;
    Width = 107;
    Height = 34;
    Title = "ログイン";
    FontFace = $BOLD;
    
    Function OnTouch( e ) {
      //.Get("Dialog1.crs");
    }
  }
}
Dialog Dialog1 {
  Title = "Dialog1";
  Form Form1 {
    Width = 332;
    Height = 269;
    Button Button1 {
      X = 145;
      Y = 171;
      Width = 129;
      Height = 45;
      Title = "閉じる";
      FontFace = $BOLD;
      
      Function OnTouch( e ) {
        /* 親画面のログインIDにフォーカスを当てる */
        //.Form1.TextBox1.SetFocus(); /* ★実行してもフォーカスがセットされない(無効) */
        Dialog1.Delete();
      }
    }
    Label Label1 {
      X = 24;
      Y = 85;
      Width = 251;
      Height = 67;
      Value = "ログインID、またはパスワードが間違っています。再入力してください。";
      FontSize = 12;
      FgColor = $333333;
      FontFace = $BOLD;
    }
  }
}
2) ファイル選択ダイアログを表示し閉じた際に、SetFocusメソッドを実行すると、CRSスクリプトのフォーカス制御が無効になり入力項目への入力ができなくなる
【対象】 FileSystemクラスのOpenDialogメソッド、SaveDialogメソッド
以下は、OpenDialogメソッドを実行した際の例です。

一度フォーカスを他のオブジェクトに移動した後、もう一度クリックするとフォーカスが当たり入力可能となります。
< サンプル >
Form Form5 {
  Width = 400;
  Height = 300;
  Button Button2 {
    X = 25;
    Y = 15;
    Width = 154;
    Height = 38;
    Title = "ファイル選択";
    
    Function OnTouch( e ) {
      try{
        var fs = new FileSystem;
        var f = fs.OpenDialog("ファイルを開く", "CSVファイル(*.csv)=*.csv", "csv", "");
        var data = f.Read();
        f.Close();
        /* ファイルIDにフォーカスを当てる */
        ^.TextBox1.SetFocus(); /* ★実行すると事象が発生する */
      }catch(e){
        //.MessageBox(e.Message);
      }
    }
  }
  Label Label2 {
    X = 27;
    Y = 60;
    Width = 102;
    Height = 38;
    Value = "ファイル名";
    HorizontalAlign = $CENTER;
    VerticalAlign = $CENTER;
    FontFace = $BOLD;
  }
  TextBox TextBox2 {
    X = 137;
    Y = 61;
    Width = 180;
    Height = 34;
    FontSize = 14;
    Function OnGetFocus( e ) {
      BgColor = $FFCCCC;
    }
    Function OnLostFocus( e ) {
      BgColor = $STD;
    }
  }
  Label Label1 {
    X = 27;
    Y = 107;
    Width = 102;
    Height = 38;
    Value = "ファイルID";
    HorizontalAlign = $CENTER;
    VerticalAlign = $CENTER;
    FontFace = $BOLD;
  }
  TextBox TextBox1 {
    X = 137;
    Y = 109;
    Width = 180;
    Height = 34;
    FontSize = 14;
    Function OnGetFocus( e ) {
      BgColor = $FFCCCC;
    }
    Function OnLostFocus( e ) {
      BgColor = $STD;
    }
  }
}
3) ファイル選択ダイアログを表示し閉じた際に、SSpreadオブジェクトへSetFocusメソッドを実行するとフォーカスが
SSpreadオブジェクトへ当たっているのに、フォーカルが当たっている事を示す枠線が表示されない、
またSSpreadオブジェクトのGetFocusイベントが発生しない
【対象】 SSpreadクラス、FileSystemクラスのOpenDialogメソッド、SaveDialogメソッド

< サンプル >
Form Form1 {
  Width = 450;
  Height = 500;
  Button Button1 {
    X = 25;
    Y = 15;
    Width = 300;
    Height = 38;
    Title = "ファイル選択(選択後スプレッドシートにフォーカス)";
    
    Function OnTouch( e ) {
      try{
        var fs = new FileSystem;
        var f = fs.OpenDialog("ファイルを開く", "CSVファイル(*.csv)=*.csv", "csv", "");
        var data = f.Read();
        f.Close();
        /* スプレッドシートにフォーカスを当てる */
        ^.SSpread1.SetFocus();
      }catch(e){
        //.MessageBox(e.Message);
      }
    }
  }
  Label Label1 {
    X = 27;
    Y = 90;
    Width = 102;
    Height = 38;
    Value = "イベント発生確認";
    HorizontalAlign = $CENTER;
    VerticalAlign = $CENTER;
    FontFace = $BOLD;
  }
  TextBox TextBox1 {
    X = 137;
    Y = 90;
    Width = 180;
    Height = 34;
    FontSize = 14;
    Function OnGetFocus( e ) {
      BgColor = $FFCCCC;
    }
    Function OnLostFocus( e ) {
      BgColor = $STD;
    }
  }
  SSpread SSpread1 {
    X = 25;
    Y = 150;
    Width = 400;
    Height = 300;

    Function OnGetFocus( e ) {
      /* テキストボックスに文字列をセット */
      ^.TextBox1.Value = "SSpread_GetFocus";
    }
  }
}