Core

クラス

説明

Application

アプリケーション全体に対する操作を統合するクラスです。

Array

動的配列を保持するクラスです。

AsyncTask

非同期処理を行うクラスです。

ByteArray

一群のバイナリデータを保持するクラスです。

CsvDocument

CSVデータを保持するクラスです。

Date

日付と時刻を保持するクラスです。

Event

ボタンの押下など、CRSプログラムで発生するイベントを表すクラスです。

ExcelDocument

Excelのワークブックのデータを保持するクラスです。

ExcelSheet

ExcelDocument クラスに含まれる各ワークシートを操作するためのアクセッサです。

Exception

CRSプログラムで発生する例外を表すクラスです。

File

ローカルファイルを操作するクラスです。

FileSystem

クライアントPCのファイルシステムを操作するクラスです。

Fixed

固定小数点形式の数値を保持するクラスです。

Functions

グローバル関数を管理するクラスです。

JsonDocument

JSONデータを解析、出力するクラスです。

Map

連想配列を保持するクラスです。

Math

数学計算機能を集めたクラスです。

NativeString

ネイティブ文字列を保持するクラスです。

Number

数値を保持するクラスです。

Object

すべてのクラスの基底クラスです。

Primitive

プリミティブなクラスの基底クラスです。

ProfileStore

永続的に保存される情報を格納するクラスです。

Record

複数のオブジェクトをまとめるためのクラスです。

Reference

オブジェクトの参照を保持するためのクラスです。

RegexMatcher

正規表現パターンを解釈し、入力文字列とのマッチ操作を行うための正規表現エンジンです。

RegexPattern

正規表現パターンを保持するクラスです。

Runtime

実行環境に依存した機能を集めたクラスです

String

文字列を保持するクラスです。

Task

処理とその結果をタスクとして管理する抽象クラスです。

XmlAttr

Attrノードを定義するクラスです。

XmlCDATASection

CDATASectionノードを定義するクラスです。

XmlCharacterData

文字列を格納するノードの基底クラスです。

XmlComment

Commentノードを定義するクラスです。

XmlDocument

DOMツリーのルートノード(Documentノード)を定義するクラスです。

XmlDocumentFragment

ドキュメントの断片を維持するクラスです。

XmlElement

Elementノードを定義するクラスです。

XmlEntityReference

実体参照を表します。

XmlNamedNodeMap

ノードの集合を名前付きマップで管理するクラスです。

XmlNode

すべてのノードの基底クラスです。

XmlNodeList

ノードの集合をノードリストで管理するクラスです。

XmlProcessingInstruction

処理命令ノード(ProcessingInstructionノード)を定義するクラスです。

XmlText

Textノードを定義するクラスです。