API version 1
- ‐

FileSystem

クライアントPCのファイルシステムを操作するクラスです。

FileSystemクラスは、ファイル名を仮想ファイル名として扱います。
仮想ファイル名とは、特定のフォルダをルートフォルダとしてマップした、アクセス範囲に制約のあるファイル名です。
ルートフォルダ以下のファイルだけがアクセス可能であり、ユーザの許可なくコンピュータ上のすべてのファイルに直接アクセスすることはできません。
FileSystemオブジェクトの初期化時に指定する属性(パブリック、プライベート)により、ルートフォルダにマップするフォルダは異なります。
仮想ファイル名の形式は、ファイルやフォルダを"/"(スラッシュ)で区切るという点を除けば、Windowsのファイルシステムと同様です。
仮想ファイル名は、カレントフォルダを基点とした相対パスとして扱われます。
"/"から始まる絶対パスを指定した場合は、カレントフォルダに関わらず、ルートフォルダからの絶対パスとして扱われます。
初期状態では、カレントフォルダはルートフォルダを指しています。
カレントフォルダは pathName プロパティで取得でき、changeFolder メソッドで変更できます。

(例)

(ルートフォルダ)
  ├ file1.txt          ・・・ (1)
  └ folder1            ・・・ (2)
     ├ file2.txt       ・・・ (3)
     └ folder2         ・・・ (4)
        └ file3.txt    ・・・ (5)

  カレントフォルダ 相対パス 絶対パス
(1) / file1.txt /file1.txt
    /folder1 ../file1.txt
    /folder1/folder2 ../../file1.txt
(2) / folder1 /folder1
    /folder1 .
    /folder1/folder2
(3) / folder1/file2.txt /folder1/file2.txt
    /folder1 file2.txt
    /folder1/folder2 ../file2.txt
(4) / folder1/folder2 /folder1/folder2
    /folder1 folder2
    /folder1/folder2 .
(5) / folder1/folder2/file3.txt /folder1/folder2/file3.txt
    /folder1 folder2/file3.txt
    /folder1/folder2 file3.txt

パブリック属性

コンストラクタにパブリック属性を指定したFileSystemオブジェクトは、以下のフォルダをルートフォルダとしてマップします。

(OSインストールドライブ)\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\OpenStream\BizBrowserDT\public_root

パブリック属性でマップされるフォルダは、すべてのCRSアプリケーションで共通のため、複数のCRSアプリケーションの間でファイルを共有できますが、ファイル名が衝突したり、不正にファイルの内容を参照されてしまう可能性があります。

プライベート属性

コンストラクタにプライベート属性を指定したFileSystemオブジェクトは、以下のフォルダをルートフォルダにマップします。

(OSインストールドライブ)\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\OpenStream\BizBrowserDT\private_root\(サーバ名)
プライベート属性でマップされるフォルダは、CRSアプリケーションをダウンロードしたサーバ名を含むため、サーバごとに個別にファイルを管理できます。
別のサーバからダウンロードしたCRSプログラムからアクセスすることはできません。
また、プライベート属性のFileSystemオブジェクトは、mount メソッドによりユーザが許可した任意のフォルダを仮想ファイル名にマウントすることができます。

ルートフォルダ外へのアクセス

ルートフォルダ以外の任意のファイルをアクセスするには、以下の方法があります。

  • openDialog メソッド、 saveDialog メソッドによりユーザが選択した特定のファイルを開く
  • mount メソッドによりユーザが許可したフォルダを仮想ファイル名にマウントする(プライベート属性の場合)

デフォルトプロパティ

デフォルトプロパティは pathName です。