API version 1
- ‐

CsvDocument

CSVデータを保持するクラスです。

CsvDocumentクラスには以下の特徴があります。

  1. 1個のCsvDocumentオブジェクトにすべてのセルデータが格納され、軽量です。
  2. 行、列とも自由に追加、削除ができます。
  3. ソートやマージ、ファイル入出力が可能です。

行や列を番号で指定する場合、上端の行が「0」で、下端の行は「行の数(rowsプロパティ値)-1」になります。

また、左端の列が「0」で、右端の列は「列の数(columnsプロパティ値)-1」になります。

条件キーの指定

findloadparsereplacesavesplicetoStringメソッドでは入力/出力を行う行を条件指定することができますが、その書式は 「<列指定> [<比較型>] <演算子> <比較値>」の組になっており、各列は下記の意味と解釈されます。

複数の条件を指定した場合は、全ての条件に合致した行が処理されます。

列指定

検索キーとなる列を指定します。

指定内容 意味
数値 0から始まる列番号
[列名] 列名
比較型

比較するデータの型を指定します。

指定内容 意味
n または N 数値として比較
省略時 文字列として比較
演算子

比較方法を指定します。

指定内容 意味
== カラム指定値と比較値が等しい
!= カラム指定値と比較値が異なる
> カラム指定値が比較値より大きい
>= カラム指定値が比較値より大きいまたは等しい
< カラム指定値が比較値より小さい
<= カラム指定値が比較値より小さいまたは等しい
比較値

比較対象の値を指定します。

指定内容 意味
[列番号] 同じ行の別の列と比較します。
それ以外 指定した値と比較します。
指定例 内容
"0==A" 1列目がAになっている行に合致します。
"1n>100" 2列目が数値として100より大きい行に合致します。
"2==[3]" 3列目と4列目が文字列として等しい行に合致します。
"[value]n!=5" 列名「value」の列が数値として5と異なる行に合致します。