API version 1
- ‐

Array

動的配列を保持するクラスです。

CRSプログラムでは、Arrayクラスと配列オブジェクトの2種類の方法で配列を扱うことができます。
Arrayクラスでは各要素に特定の型を指定する必要はなく、個々の要素に別々の型を持つオブジェクトや数値、文字列などの値を格納することができます。
Arrayクラスは配列オブジェクトとは異なり、要素の数は自動的に拡張されます。
"[ ]"により添え字で要素にアクセスすることができます。添え字には数字だけが使用可能です。
添え字に文字を使用する場合は、Map クラス(連想配列)を使用してください。

デフォルトプロパティ

デフォルトプロパティは value です。